Home diary book

-KPC からのお知らせ-

謹賀新年  2017/01/01(Sun)09:06:31
JPG
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、七十半ばになる鳩獣医、これから、どう翔んだらよいのやら、皆様のご指導、ご鞭撻を期待しております。

感謝状  2016/12/04(Sun)18:51:20
JPG
愛鳩の友社から感謝状をいただきました。愛鳩の友社が主催した国際レース(日本とヨーロッバからそれぞれに同数の鳩が持ち寄られ日本国内でレースが行われた)に協力したということです。もちろん、たいした事をしたわけではありません。鳩獣医の立場で健康管理のお手伝いをしただけのことです。愛鳩の友社社長自らが糞掻きをしての達成でした、よほど嬉しかったのでしょう。嬉しさのお裾分けですね・・でも、当クリニックは『こながやピジョンクリニック』であって、『小長谷ピジョンクリニック』ではありません、、、まぁいいか。

鳩舎往診  2016/04/26(Tue)23:10:02
JPG
4月23日(土)に茨城県稲敷市に新築された鳩舎を往診しました。霞ヶ浦のほとり、周辺は田圃、蓮畑、そして牛舎です。オーナーは都内の自宅を離れ、此処でたった独り、5年間という期限付きで、鳩レースに打ち込まれるそうです。六十歳半ばのウキウキに圧倒されました。

鳩舎訪問  2016/04/13(Wed)12:14:25
JPG
一昨々日の日曜日に、浜松市のクライアント鳩舎2ヶ所を訪ねました。一つは鳩飼育を始めたばかりでレース参加もまだの鳩舎です。もう一つはベテランさんでなかなか良いレース成績を挙げている鳩舎です。私の所は鳩に特化した動物診療施設ですが、クライアントが鳩を連れて来ることはとても少なく、こうしてこちらから鳩舎を訪ねての診療スタイルになります。もちろん動物診療、薬剤処方などに関する法規制もあるのですが、それはそれとしても、実際に鳩舎現場を踏むということも大切なことです。愛鳩の友社さんは私のこの診療活動をもう10年間も紹介し続けてくれています。ありがたいことですが、鳩飼い世界に限られもします。日本の鳩診療の実情を、獣医師という職能の立場から、一般の方々にも伝えようと、このHPを活用していく気になりました。

おやすみください  2016/04/10(Sun)07:32:22
JPG
昨夕、全国学校飼育動物研究会 顧問 獣医師 中川美穂子さんの訃報を受けました。獣医学校の同期生です。小学校に動物が飼育されている、かつてはあたりまえだったことを、真剣に論じられ、活動されておられました。もちろん、私は何のお役にたてるわけでもなく、時折に届く『飼育情報メール』に中川さんの健在を喜んでいただけなのですが・・、本当にお疲れさまでした、ゆっくりとおやすみください。


admin