Home diary book

-野川ハケ上よりお知らせ-

イモムシ  2018/10/17(Wed)10:20:55
JPG
『イモムシです』・・・えっ、『ひろしです』みたいですか?! そうですねぇ、イモムシなんて名前の虫はいないですよね。でも、『ひろしです』と同じで、なんとなく存在感がありますよね、もちろん、まるで実体はないんだけど・・・。これはスズメガの幼虫ですよ、正確にはクロメンガタスズメという蛾の幼虫です。黒くて、背中にヒトの顔をみたいな模様を背負った、いわば人面蛾ですよ。この庭でもたまに見かけますが、このイモムシとは結びつきませんね。なぜなら、このイモムシはやがて地中に潜り、サナギとなり、そして蛾となって出てくるからですよ。ひっそりと居なくなり、ある日、忽然と姿を変えて現れる・・・いいですねぇ。・・・わずかな期間に二人の友人が逝きました。ある日、忽然と姿を変えて現れる日が来たら、ホントにいいなと想う日々ですよ。

小さなガマガエル  2018/10/13(Sat)19:13:01
JPG
小さなガマガエルです。今年生まれなのかなぁ、今日はけっこう寒いけど、大丈夫なのかねぇ、冬眠の仕方なんて知っているのかねぇ、心配だけど、教えてもやれないしねぇ。今年は殆どカエルを見なかったよ、チョロチョロしていたネズミも何時の間にやら居なくなったよ、やはり青大将が棲みついたのかなぁ。みんなで仲良くしてくれたらいいのにねぇ。ところで、春はちゃんと来るのかなぁ、なんか、メチャクチャ寒くなって、全て凍り付いて、それで終わりなんて・・そんな気候変動もありそうな気がしてきたよ、唐突に氷河期になってしまうなんてことはないのかなぁ。

クビキリ  2018/10/07(Sun)16:55:13
JPG
久しぶりに会ったよ、クビキリだよね、クビキリバッタだよね、クビキリギスとも呼ぶのかなぁ。隣の家の外壁にとまっていたよ。台風の大風に乗って何処からか飛んできたのかなぁ。おかしな名前だけど、これは職を失う、馘首ではないよ。このバッタは何かに噛みつくと絶対に離さない、首がとれても離さない・・・だからクビキリなんだよね。私には、思い出すことを避けている、子供の日のひとこまでもあるよ。クビキリを捕らえ、シャツの裾に噛み付かせる、そして胴を引っ張る・・・クビキリの頭だけがシャツの裾に残る・・・次々と・・・シャツの裾にクビキリの頭がいっばいぶらさがる・・・。なんということ、今更遅い自己嫌悪・・・、七十半ばになったら、こんな自己嫌悪が目白押しだよ、・・・とっとっと死んじまえかね、ホントにさ。

アオドウガネ  2018/10/05(Fri)17:49:00
JPG
アオドウガネ・・だよね、たぶん。コガネムシの仲間だけど、いわゆる、純正コガネムシはもっとキンキラだよね。それにしても、この庭で見かける虫は種類も数もずいぶんと減ったような気がするなぁ。都道・連雀通りを走る自動車の数と反比例しているように思えるのは私のいじけ心の故かねぇ。この地域は閑静な住宅地と評されてきたけれど、今や、あっちからこっち、こっちからあっちへと通り抜けるだけの場所になってしまったよ。そんな目で見てみると、このアオドウガネにもいじけ、いじけを感じるでしょう・・・都市計画の本性って恐ろしいねぇ・・・。

キンモクセイ  2018/10/02(Tue)10:06:06
JPG
キンモクセイが咲いていました。咲いていたというのは、これまた、ヒガンバナと同じで、心ここにあらず、キンモクセイ咲くに気付かなかったのです。あれ、この香り・・、あれ咲いているじゃんでした。視覚ではなく、嗅覚で、キンモクセイ咲くを知りました。見上げれば、見事な秋になっていました。視覚、嗅覚、触角、聴覚・・・いろいろなルートで、いろいろなことが伝えられてきますね。私は難聴、聴覚障害者です。補聴器無しには過ごせません。そんな私にとって、これまでのNHKの朝ドラはやりきれないものでした。身勝手、安易だけからなるような筋立てはやむを得ないとしても、聴覚障害がホントに判っていてテーマに掲げたのかしらね・・・。聴こえない、聴こえたふりして、判ったふりして、ニコニコ過ごす・・、時にはボケ老人になったりと・・。そんな時間が、想いが、あの朝ドラの何処にあったかしらねぇ・・。そうかぁ、あの朝ドラ自体が難聴なのかぁ・・、だから、自分勝手に、自分独りでニコニコしていたのかぁ・・、それなら、時計代わりのチャンネル選択を視聴率と捉えてしまうのも判るような気がするな。・・・そうなんだよ、私も自分のことしか考えていない男なんだよね。


admin