Home diary book

-野川ハケ上よりお知らせ-

蜂の巣  2021/09/20(Mon)13:00:10
JPG
鳩舎脇の物干し台に、こんなアシナガバチの巣があったよ、夏が終わり、蜂の姿はパラパラだけど、まだ居るねぇ、爺さんは蜂アナフィラキシーだから、けっしてそばへは寄らない、クワバラくわばら桑原だよ、ここは家の屋根から鳩舎の2階に入る近道なんだよ、でもこの頃、爺さんは全く使っていない、そしたら最悪なのが住みついてしまったよ、来年の活動期までになんとかしなくてはねぇ、蜂が住みつきたくない環境にすることがポイントなんだろうねぇ・、人がではなくて、蜂がだよ・・、都市計画ではないんだからさぁ・・。

ヤブラン  2021/09/16(Thu)13:34:20
JPG
今年もヤブランが咲いた、毎年のことだから、爺さんは横目で眺めているだけ、ヤブランはホントに手のかからない植物だよ、ただ時々に水をあげて、後は放っておくだけ、肥料もやらないし、土質にも特にこだわりがないように思えるよ、それなのに、時期が来れば、ドッと咲くよ、ただ気になるのは、花がみな同じような方向を向いていることだよ、爺さん、全体主義は大嫌いなんだよ !!

キンモクセイ  2021/09/14(Tue)12:41:24
JPG
秋だよ、キンモクセイが咲いた、何時もなら、キンモクセイの香りが庭に立ち込めるのに、今年はダメだ、マスク常用のおかげて、香りが届いてこない、ホントにさぁ、なにもかにもが、コロナのおかげだよ、爺さん、だんだんと腹が立ってきたよ、この間まではオリンピック、パラリンピックばかりのテレビ画面は、今度は自民党、大相撲ばかりかよ・・。『爺さん、少し落ち着けば・・』のキンモクセイの香りも今年は無い・・やんなっちゃうねぇ・・。

センニンソウ  2021/09/09(Thu)17:27:17
JPG
センニンソウ(仙人草)って言うそうだよ、野川沿いを走る西武線の線路脇に咲いている、東京都が管理する野川のほとりには無いけれど、その脇の西武鉄道の線路脇にはある・・そんな野草の多くは区別、差別されてんだよねぇ・・、まぁいいか、こうして綺麗に可愛く咲いてるのが見れるんだから、でも、仙人草は毒草なんだってよ、草の汁が手につくと、ただれてしまうんだってさ、でも、上手に使えば薬草になるんだって、へぇ〜、爺さんには判らないねぇ、下手に使えばダメ、上手に使えば・・ウン、どっかの政党の内部事情みたい・・でも、やはり、仙人草の二面性と、彼らの二面性とはまるで違うかねぇ、だって、仙人草には植物としての本質があるもんねぇ、まるで違うか・・!!

西陽  2021/08/22(Sun)10:32:52
JPG
蝉の抜け殻に照りつける西陽だよ、立秋は過ぎたけれど、まだまだ夏の日々だよ、爺さんに、西陽はやるせないよ、眼に眩しいのは、もちろんだけど、心の中に浸透し、沈み込む、この頃の、西陽に対する、この感触はいったい何だろう・・、若かった日に、サングラスをつけて、車を運転しながら、あれこれと西陽を呪っていたけど、あれとはまるで違う想いだよ、ふと、子供の頃に、虫籠の中で、自由を奪って、死なせてしまったアブラゼミのことを思い出したよ・・。


admin