Home diary book

-野川ハケ上よりお知らせ-

バッタ  2020/09/25(Fri)16:56:32
JPG
バッタ、バッタだけどねぇ、爺さんはこれをハタオリバッタ(ショウリョウバッタ)の幼いの、って信じていたんだけど、どうやら違うみたいだよねぇ、それはオンブバッタでしょう、って・・・、なに ? 、オンブバッタだって ? 知らないよ、判らないよ、ずっと前から見かけてはいたけどさ、自己紹介まではしあってないもんね。自己紹介かぁ、ホントにさ、親しかった人達はどこかへ立ち退いてさぁ、自己紹介はまだの方々が少しずつ増えてるよ・・・。だけどさぁ、バッタだって、爺さんのことなんか知らなくてもなんでもないよねぇ、知ってる人、知らない人なんてなんの意味もないんだよね、この街も都会になっていくんだもんねぇ、バッタにだって、すぐに会えなくなっちゃうよ。

カナヘビ(バンバヘビ)  2020/09/22(Tue)11:55:22
JPG
ちっちゃなカナヘビだよ、静岡の子供らはバンバヘビと呼んでたよ、なんでバンバなのかは知らないけれど、爺さんの頭の中ではカナヘビなんてのは座りが悪い、やはりバンバヘビだよ。このトカゲは何かに襲われたりすると、尾を切って逃げるんだって、こんなに小さいのに、もう尾の先が切れてるねぇ、こんな子供にいったい何があったというんだよ、ホントにさぁ・・・。爺さんがぼんやりと眺めていたら、余計なお世話でしょ、って感じで、サッサッと居なくなっちゃったよ、そりゃあ、そうだけどさぁ、爺さんなんて余計なお世話ばかりの存在なんだよ。

コスモス  2020/09/17(Thu)14:33:00
JPG
コスモスだよ、道路拡幅で削られ、そのままの傷跡が痛ましく、鉢植えを置いてみたよ、意味ないことをするねぇ、そう言われれば、そうなんだけど、こんな傷跡が街のあちこちにあるのって、なんかイヤじゃないかなぁ、街って住む人の心みたいなモノだもんねぇ、だんだんに培われたモノだもんねぇ、造っては壊し、壊しては造る・・・ヘンな文明だと思わないかな・・・。爺さんはコスモスが大好きだ、それなのに庭にあったことは一度もなかったよ、コスモスにはコスモスの似合う場所とか、時とかがあるように思うんだよ・・・このコスモスの種類は安曇野だって、そういえば長野にコスモス街道ってのがあったよなぁ、ハッとするような風景だったよ、間違いなく人の想いを感じたよ。

1才ユズ  2020/09/10(Thu)16:28:47
JPG
1才ユズというユズだそうだよ、爺さんは、恥ずかしなから、初めて知ったよ、ユズの大馬鹿18年どころか、1年で結実するユズだってさ、驚いた・・・もっとも大馬鹿18年とは違う品種だそうだけどね、いわゆるユズの季節が終わると、爺さんの焼酎は寂しくなる、この間まではグレープフルーツに代役を頼んだだけれど、今度の降圧剤はグレープフルーツはダメだよってのこと、仕方ないから高知から晩柑というでっかいのを取り寄せたよ、晩柑は皮にはグレープフルーツの成分が含まれるけれども実には含まれないとのこと・・・しめしめ、そんな説明がわざわざしてあるなんて、爺さんと同じようなのはいっぱいいるんだねぇ、そしたら晩柑も欠品になってしまった、え〜、では静岡割みたいにほうじ茶にするかなぁ、なんて未練がましくしていたら、この一才ユズの登場だよ・・・しかも何より嬉しかったのは、生産者のお名前入りの地場産ユズだったよ。・・・そうだよ、地場産が手に入る環境こそが真の町づくりなんだよなぁ・・・、でもこのユズを売っていたのは、爺さんが批判していた新設量販店だったんだよねぇ・・・。

ドウガネブイブイ  2020/09/07(Mon)21:09:53
JPG
たぶんドウガネブイブイだと思う、コガネムシと言うには少し違うと思う、ドウガネブイブイは害虫で、野菜をムシャクシャと喰ってしまうとか・・・そんなところを見たことないから実感がないけどね、でも、野菜を喰われてはたいへんだよ、爺さんは野菜を買うときには必ず産地を確認してるよ、茨城かぁ、青森かぁ、訪れた時のことを思い出すよ、・・・ときに、ナニコレ!? ってのがあるよね・・・。野菜の国産はとても大切なことなんだから、ドウガネブイブイもほどほどしてくださいな。


admin