Home diary book

-野川ハケ上よりお知らせ-

ヒメリンゴ  2018/12/02(Sun)18:06:32
JPG
ヒメリンゴの実です。寒空にきっぱりと在ります。寒々ですね、寒々です。連雀通り250メートルに繋がる新・都市計画道路、多くの住宅、生活を壊しての都市計画道路です。粛々と計画進行中のようですが、なんと、今頃になって、交通量の調査が始まったようです。カウンターを前に調査員が・・なんて普通のものではないようで、思わぬ所に小さなカメラが設置されている?! 新道路の必要性を立証するためですかね、でも、道路問題が起こる以前にはこんなに混雑してはいなかった、・・・だんだんに車が意図的に寄せ集められてきたように感じるのは私だけ??・・・、そして、さぁ、交通量調査だ!!・・・ですか・・・、不信感のみがつのる、寒々とした小金井市の暮れになりました。

ナンテン  2018/11/23(Fri)15:14:23
JPG
ナンテンです。冬枯れの中で独り華やかです。でもナンテンです、見慣れたナンテンです、所詮ナンテンなのです。そこがナンテンの難点ですね。褒めどころが見つかりません。当たり前という貴重さは、当たり前というどうでもよさでもあるのですかね、ちょっと気の毒なナンテンです。

ケムシ  2018/11/19(Mon)22:56:19
JPG
典型的なケムシ、毛虫です。なんだか忙し気に歩いています。不注意な爺さん、歩行障害の婆さんが歩く庭です、そのうちに踏まれてしまうのではないかと心配ですが、ひょいとつまんで脇に寄せてやるのはちょっとねぇ・・です。ケムシは毒虫のイメージがあるもんね。でも、このケムシはキハラゴマダラヒトリという蛾の幼虫で、無害なケムシだと思います・・でも、やはり触りたくはないですね。キハラゴマダラヒトリは、この幼虫からは想像できないような、綺麗な蛾です。白い羽に点々と斑点がバランス良く散った蛾ですよ。この庭ではよく見かけます。逃げ足の遅い幼虫期は恐ろしい姿で、逃げ足が速くなる成虫期は素敵な装いですか・・ナルホドねぇ。

ノコンギク  2018/11/16(Fri)23:14:48
JPG
ノコンギクが咲きました。今年のノコンギクはとても貧弱で、花びらも私の歯のように欠けています。これはミズヒキとドクダミの繁茂のし過ぎのためだと思います。なんとかしなくちゃぁ、なんとかしなくちゃぁ、と言いながら、何にもしないで、この1年が終わろうとしています。それにしても、どうして、こんなにいろんなことがあるのでしょうねぇ、ひとつが終わり、ひとつに慣れると、また新たなひとつが始まりますよ。さて、このノコンギク、これまでは野菊とか、ヨメナとか呼んでいたよね・・どうして、今年はノコンギク・・・これまではいい加減なことを言っていたんだ・・・嘘つき爺さんだったんだよ。参ったなぁ、また悩みの種が生まれてしまったよ。

カメムシ  2018/11/13(Tue)22:40:37
JPG
寒い中にカメムシが居ました。なんという種類なのかは判りません、アオクサカメムシって思ったけれど、違うよねぇ、白い縁取りがが素敵だけど、こんなの図鑑に居るかなぁ、知らないなぁ。カメムシはクサイって嫌われるけれど、こんな虫のニオイを嗅いでみる方がおかしいよ。でも、受け入れられないことは全て嫌い!! はよく判るけれどね、私もそうだよ・・、歳をとるにつれてますますそんなだよ。意固地と言うのかな・・。


admin