Home diary book

-野川ハケ上よりお知らせ-

ドクダミ  2020/06/02(Tue)23:25:11
JPG
この庭の人気者、八重のドクダミだよ、特別みたいな顔をしているけれど、やはり本性はドクダミだよ、庭中に蔓延ってるよ、裏庭にはトキワツユクサ群生、表にはドクダミ群生だよ、この土地全部を覆い尽くすつもりかねぇ・・・でも、どちらも、ただいっぱいなだけで、この空間を支配しょうなんて雰囲気ではないよ、全体主義に走ろうなんてふうには見えないよ、爺さんは全体主義が大嫌いだよ、爺さんはトキワツユクサもドクダミも大好きだ、あるがままだもんねぇ、コロナに戸惑っているうちに、すっかり夏になったねぇ。

オモト  2020/05/29(Fri)22:52:00
JPG
オモト(万年青)の花が咲いた、こんなゴチャゴチャの中だから、意識して見ないと判らないよ、気をつけないと判らないことっていっぱいあるよね、え〜、そうだったんだぁ、判らなかったよ〜、知らなかったよ〜、新型コロナだけしか気にしてなかったよ〜、というやつねぇ・・・。もちろん、オモトの花はごく当たり前に、いつもどおりに咲いているだけなんだけどね、みんなの気づかぬうちに何かをこっそりやってやろうなんて思っているわけではないよ。

キンリョウヘン  2020/05/26(Tue)21:22:07
JPG
今年のキンリョウヘンは部屋の中で開花してもらった、それまではなんともなかったのに、昨年あたりからニホンミツバチが訪れるようになったんだよ、ずっと以前にニホンミツバチを捕獲するために入手したキンリョウヘンだったから、OK、OKのはずだったんだけれども、蜂刺されアナフィラキシーになってしまってからはねぇ・・・蜂球なんてねぇ、恐ろしいよねぇ、でも、キンリョウヘンの花は愛でたいし、そんなことで、屋外開花は自粛してもらって、室内開花だけど、ミツバチが部屋の中へ入ってきたらどうしょうねぇ、まぁいいか、身から出た錆だ。この世の不運はみんな身から出た錆なんだよ。

ミニバラ  2020/05/23(Sat)16:35:39
JPG
ミニバラが咲いたけど、ホントの名前は知らない、小さいからミニ薔薇と呼んでいるだけ、今年はササクモが乗っかってるね、ササクモは本名だと思うよ、これも小さなクモだよ、小さな庭だから、なんでも小さいのが合ってるよ、爺さんも小さいしねぇ、この間、内科で身長と体重を測ったら、以前よりも、3センチくらい小さくなっていたよ、少しずつ、少しずつ、よりミニになっていって、よりらしくなっていくよ、ところで、新型コロナウイルス関連なんだけど、『人の命は何よりも重い』って誰かが言ってた・・・でも、なんとなく『株価は何よりも重い』とホントは言いたかったのでは・・・なんて、思っちゃったのは爺さんだけかなぁ。

トキワツユクサ  2020/05/13(Wed)23:33:58
JPG
庭の片隅にトキワツユクサが咲き始めた、この花は満天の星空を想わせる、満天の星空は遠い昔の記憶だ、郷里・静岡を流れる安倍川をひたすらに遡ると、ひなびた梅ヶ島温泉にたどり着く、小さなせせらぎとなった安倍川の川原から見た夜空、もちろん山間の狭い夜空だったけれど・・・まさに満天の星空だった・・、そして少年と少女が居たよ・・、今、東京には星空が無い、そして居るのは七十半ばを過ぎた爺さんと婆さんだけだよ。


admin